フリークラス制度の説明。

 日本将棋連盟事務局の木村です。フリークラス制度の問い合わせがありましたので、
規定を抜粋して説明いたします。

平成6年4月1日より実施、
【目的】
現役棋士が、連盟の公務や普及活動に専念できる環境を作ることを目的とする。

【名称】
規定に基づく順位戦不参加棋士をフリークラス棋士と称する。

【資格】
フリークラス棋士には3種類あります。
①本人の意思によってフリークラスに転出した棋士
②C級2組順位戦で降級点を3回取った棋士
③奨励会三段リーグで次点を2回とった者

【C級2組への復帰(編入)条件】
前項①の棋士は復帰は出来ない。
前項②③の棋士で下記の好成績を取ったもの。
※抜粋
(1) 良いところ取り30局以上で勝率が6割5分以上
(2) 全棋士参加棋戦優勝又はタイトル戦挑戦(朝日オープン戦含む)
(3)年間対局(4/1~翌3-31)で基準勝星数以上でかつ勝率6割以上
(4)年間対局数が基準対局数以上

【定年】
※抜粋
①の該当棋士  原則65歳もしくは在籍15年
②③の該当棋士 60歳もしくは在籍10年

※瀬川氏が合格した場合、②③の資格と同等となります。したがいまして資格を
得た後、10年間で上記の編入条件をクリアしないと引退になります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2005年07月30日 02:44
そーなんだ。知らなかった。今テレビを見てたら、
スポーツジャーナリストの二ノ宮清純が、勝負事
というのは、最後には技術や運じゃなく、
あきらめないものが勝つそうです。
数多くの成功者を見てきた人の話だから
真実味があります。
瀬川さん。ポジティブに将棋を楽しみ
そして最善を尽くしてください。
応援しています!
バード
2005年07月31日 01:47
合格してからの方が大変そう・・・。
たけぞう
2005年07月31日 11:11
順位戦を戦うためには今回合格したあと、もう一度編入試験があるという事なんですね。でも合格した勢いでいけば何とかなりそう? ぜひ頑張ってくださいね!
なるほどー。
2005年07月31日 11:16
いろいろルールがあるんですね。フリークラスからC2に行くのと3段から上がるのとどっちが大変なんでしょうか?
かんこどり
2009年03月14日 12:06
瀬川棋士はフリークラスで正解だったと
思います。結局、勝たなければいけない世界
なので、そこから、勝ち上がったという実績は
必要ですね。