FMRI攻略

竜王戦第4局は手に汗握る大熱戦でした。

実は先日の九州遠征の際、観戦に行くか(対局場所は熊本でした)かなり迷ったのですが、予定が入ったため断念。しかしあれだけの大熱戦、調整してでも現地に行くんだったかと少し後悔しています。

竜王の逆転勝ちということでしたが、個人的には前々期シリーズ(渡辺ー佐藤(康)戦)第3局(分らない方スミマセン)の雰囲気と似ているように思いました。そのとき同様、流れを変える一局となるか、5局目以降も目を離せません。


昨日は埼玉県和光市の理化学研究所へ。またまたFMRIを受けてきました。
今月23日にブログでも告知した成果報告会が開催されましたが、まだまだ研究は続いています。

FMRIも3回目で慣れたせいか、随分楽に感じました。FMRI攻略(?)のコツを掴んだかもしれません。実生活にはあまり役に立ちそうもありませんが(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

(≧▽≦)
2008年11月30日 15:26
頭の中身を見てもらえていいですね。私も見てもらいたいですが、シワがなくてツルツルですなんて言われそうです。
ところで、最近、「ken」さんのコメントをお見掛けしませんね。
「ken」さん、お元気ですか??
「~~を見たら」がそろそろ懐かしくなってきましたよ。瀬川さんの情報提供プリーズです!
省吾(*^^*)
2008年12月01日 00:13
本当に久しぶりにカキコしました。
そう滅多に書き込みしないのですが、何があっても一生応援させていただく姿勢は変わっておりません。瀬川さんは多くの人に希望を与えてくださいましたし、一生将棋関連のお仕事でメシを食べていけることがどれだけ自分には羨ましいことか・・・。
自分から見れば、将棋で一生メシを食うのはある意味でC2入りよりも大切なことだったのかと思います。その意味で、瀬川さんはすでに勝利者だと思います。
瀬川さんはプロの目的の一つ、将棋の普及に大きな尽力をされました。
将棋を一生の趣味とした自分は、本当に感謝しております。これからも常に自分の道をお進みください。心から応援しております。
坂本龍虎
2008年12月01日 02:02
実は、ずっと思ってました。あの(kenサンは)変身!?
早く忍法を使って欲しいですね!!
かつ
2008年12月02日 01:20
将棋講座に掲載している瀬川さんの「脳タコ」の記事を読みました。教育現場のお仕事も多い瀬川さんだけに、脳の発達や分析に関する実験に携わることでもっと更に深い内容(サイエンス的)で講演や生徒達にアプローチできるのではないでしょうか。
 ところで竜王戦ですが、第3局ではここで度々登場するN棋士が解説をし、なんと竜王の勝ち筋をいち早く察知し指摘をしておりました。やはり時間と空間を超越したN棋士の天才ぶりは恐るべきものがあります。それだけ調子が良いということで、今回のNHK杯では頂点に立つかもしれませんね、お酒を飲んでいる場合ではないかもしれません。
 さぁー気合と気力を充実させ、次の対局では大暴れです、トレーニングの方がんばってください!気合だぁー!!