2/10 齋藤(明)五段戦

僕の後手でした。相掛りの戦型に。 やや模様の悪い将棋にしてしまいました。元々の構想が今一つだったかもしれません。 戦いが始まり下図を迎えました。△5六歩に▲同銀とされた局面です。ここがチャンスでした。 本譜は△7二歩と受けたのですが、ここでは△3五歩という手がありました。▲2六飛に△3六角として▲4七銀打△…
コメント:1

続きを読むread more