フリークラス制度の説明。

 日本将棋連盟事務局の木村です。フリークラス制度の問い合わせがありましたので、
規定を抜粋して説明いたします。

平成6年4月1日より実施、
【目的】
現役棋士が、連盟の公務や普及活動に専念できる環境を作ることを目的とする。

【名称】
規定に基づく順位戦不参加棋士をフリークラス棋士と称する。

【資格】
フリークラス棋士には3種類あります。
①本人の意思によってフリークラスに転出した棋士
②C級2組順位戦で降級点を3回取った棋士
③奨励会三段リーグで次点を2回とった者

【C級2組への復帰(編入)条件】
前項①の棋士は復帰は出来ない。
前項②③の棋士で下記の好成績を取ったもの。
※抜粋
(1) 良いところ取り30局以上で勝率が6割5分以上
(2) 全棋士参加棋戦優勝又はタイトル戦挑戦(朝日オープン戦含む)
(3)年間対局(4/1~翌3-31)で基準勝星数以上でかつ勝率6割以上
(4)年間対局数が基準対局数以上

【定年】
※抜粋
①の該当棋士  原則65歳もしくは在籍15年
②③の該当棋士 60歳もしくは在籍10年

※瀬川氏が合格した場合、②③の資格と同等となります。したがいまして資格を
得た後、10年間で上記の編入条件をクリアしないと引退になります。

"フリークラス制度の説明。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント