胴上げ

昨日はアマ時代からお世話になっている蒲田将棋クラブの方々にC2昇級を祝ってもらいました!

夕方からセンター近くの某お寿司屋さんを貸し切って宴会です。

このお店には僕がプロ入り直後に書いた色紙が飾ってあるのですが、あまりに下手すぎて恥ずかしい・・・。しかも隣がI橋さんの色紙というのが一層下手さを際立たせています。そろそろ撤去してほしいところです。

E藤さんやタムリンほか大勢の方が駆けつけてくれました。E藤さんは僕のプロ入りの大恩人で、昇級を一刻も早く報告したかった一人です。今回のことをとても喜んでくれました。

そんなこんなで楽しい時間を過ごしていたところ、T中さんとH瀬くんが詰め将棋の話をし始めました。

このお二人は例年春に開催される詰将棋解答選手権大会で上位を占める詰将棋の達人なわけですが、二人の話に加わっているうちになぜか僕とタムリンが来春の大会で勝負をすることに。

タムリンは「勝負を挑まれて逃げるわけにはいかない」とか言ってましたが、そんな挑発的なこと言ったかなあ・・・覚えてないんだけど(笑)。しかし皆の前で決まってしまったのでもう出ないわけにはいかなそうです。

タムリンとの勝ち負けより、とてつもなく恥ずかしい成績を残してしまうのではと心配です。今からトレーニングしなくては。ちょっと(かなり?)後悔していますが(笑)関係者の方々、来春の大会ではどうぞよろしくお願いします。


最後の解散時に蒲田の路上にて前回できなかった胴上げをしてもらいました!分かってもらえる方もいるかと思いますが、E藤さんがいると心強い。安心して宙を舞いました(笑)。

皆さん本当にありがとうございました。またこんな風に祝ってもらえるよう頑張ります!


しかし胴上げでは、皆さんかなり重そうで(笑)申し訳ない。次回のときまでに少し軽くしておきます。

"胴上げ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント