電王戦第二局

今日はこれから高知へ行ってきます。今、準備中です。

土佐高知といえば坂本竜馬。司馬遼太郎「竜馬がゆく」は一番お気に入りの小説で何度も読み返しました。
桂浜は行く時間あるかな~。

あと同じく司馬遼太郎「夏草の賦」や「功名が辻」も面白いです。いずれも高知に縁ある武将の物語です。
久々の高知、楽しみです!

と書くとただの観光のようですが、今回は

「将棋電王戦FINAL 第2局 永瀬拓矢六段 vs Selene」の現地解説をさせて頂きます。

永瀬くんとは同門で僕の弟弟子になります。努力と根性の男で、彼ならば斎藤五段に続いてくれると思います。

好局を期待しています。ぜひ明日ニコ生でご覧ください!

"電王戦第二局" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント