よいお年を


いつの間にか大晦日。早いです。今年も終わりですね。

2017年を振り返ると、本当にいろいろありました。こんな年はもうないでしょうね。

春頃は将棋界どうなるかと思いましたが、藤井四段の出現で180度変わった印象です。

将棋がスポットを浴びて有難い限りですが、将来につなげていかなければとも思います。


あと今年は「引退」がキーワードだったようにも思います。

浅田真央さん、宮里藍さん、そして安室奈美恵さん。将棋界でも加藤先生、森先生、蛸島先生の引退がありました。どの方もレジェンドです。

蛸島先生は女流プロ第一号の方で僕の叔母弟子にあたります。少し前にアマ強豪の方とVSをやられているのをお見かけしました。常に謙虚で向上心を忘れない素晴らしい先生です。まだ対局は残っているようなので一局でも多く棋譜を残して頂きたいと思います。


個人としては理事選と自著の映画化でしょうか。

どちらも貴重な経験をさせて頂きました。映画は現在進行中ですので来年ご期待を。

しかし一番肝心の将棋は、プロ入り以来、成績もそうですが、内容的にも一番悪かったように思います。

いろいろ変えないといけない部分があることも痛感しました。来年は巻き返しの年にしなければ。

今日は紅白を観ます!もちろん一番は安室ちゃんですが、加藤先生も出場されるとか!?楽しみです。


今年も本ブログをご覧くださりありがとうございました。どうぞよいお年をお迎えください!

"よいお年を" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント