1/18 小林九段戦

僕の後手でした。駆け引きあって立石流の戦型に。

中盤で下図を迎えました。先手が76の銀を87に引いたところです。後手としては不満はないと思っていました。

画像


先手は76に出た銀を87に。後手の43銀も52銀~43銀としていて、手待ちで様子見をしています。
お互い有効手が難しい局面で望めば千日手になったと思います。そもそも立石流を選択した時点で「千日手辞さず」だったのですが。

しかしながら気が変わって、本譜はここで△36歩と仕掛け▲同歩△同飛▲57角と進行。
以下、急所で読み抜けがあり大差の負けに。夕休前の投了となりました。


棋譜を見返すとこの仕掛けに5分ほどしか考えていません。仕掛けるのはいいとしても、千日手から気が変わったにしては早すぎで慎重さに欠けていました。それは以降の指し手にも出ていたように思います。

これで順位戦は3勝5敗と苦しい星に。気を取り直してまた頑張ります!

"1/18 小林九段戦" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント