写真集など

画像


最近、頂いた本を紹介します。

・北野新太「等身の棋士

北野さんは新聞記者をされていて、現在は報知新聞にて女流名人戦を担当下さっています。

先日「透明の棋士」に続く第二弾「等身の棋士」を出版されました。

旬の棋士の等身大の姿が瑞々しく描かれており、北野さんのキャラクター通り(笑)熱い内容で、とても面白く読ませて頂きました。第1弾の「透明の棋士」も面白いです!こちらには少し出させてもらいました。次作にはぜひ登場できるよう活躍したいと思います。

竹俣紅ファーストフォトエッセイ『紅本』

紅ちゃんの写真集&エッセイです。女流棋士の写真集は相当久しぶりのような。

ここ最近は実物よりTVで見かけることのほうが多くなってしまったのですが、写真については「綺麗になったなあ」と、それだけです(笑)。エッセイは話題が多岐に渡り面白かったです。紅ちゃんの女流棋士とタレントとしてのスタンス、といった深い内容もあり、興味深く読みました。


実は二人には共通点があります。といっても僕だけの話しですが。

北野さんが初めて将棋に関わった仕事は2005年の僕のプロ編入でした。初対面のとき、見るからにスポーツマンタイプの北野さんを見て「将棋っぽくないなあ」と思ったものです。プロ入り後は個人的に何度かお酒をご一緒させて頂きました。北野さんの話はいつも熱いんですよね。しっかり向き合えるよう頑張らないといけません。

紅ちゃんと初めて会ったのも、2005年プロ編入のとき。ここが共通点です(笑)。編入試験第4局中井さんとの対局後、大盤解説会場に下りたとき、花束を僕に渡してくれたのが、当時小1の紅ちゃんでした。「第5局も頑張ってください」と言われて、「こんな天使みたいな子が応援してくれるのだからきっと合格できるはず」と思ったのを覚えています。

そんなことをこの二冊で思い出したりしてました。

時は経ち、ふたりとも将棋界には無くてはならない存在となりました。今後ともどうぞ宜しくお願いします。



"写真集など" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント