3/7宮田六段戦


僕の後手でした。角換わり腰掛銀の戦型に。

後手番ながら動く順を選択し下図を迎えました。▲2五桂と銀取りに跳ねられたところです。

画像


ここで△7七歩成としましたが、この手が疑問でした。以下▲同桂△7六角▲6七歩△7七成銀と進行しましたが、それから苦しい展開に。

ここでは成銀は6六のまま5七への効きを残しておくほうが勝りました。いずれ▲3三桂成△同桂となる形なので、そのとき△4五桂を厳しい手にしておくのが大きかったです。

手としては代えて△2二玉か△8三金と取っておく手が有力でした。どちらも難解な形勢でした。

本譜は最後即詰みに討ち取られ残念ながら負けとなりました。

気を取り直してまた頑張ります!

"3/7宮田六段戦" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント