12/20 佐藤(和)六段戦

僕の先手でした。

対三間飛車藤井システムという戦型に。

相手の猛攻を受ける形となりました。

ずっと難しい将棋でしたが、終盤はハッキリ良しとなって下図を迎えました。

相手が△7九金と打ってきたところで決め所と思いました。

画像


この局面は数手前から想定していた局面です。ここで▲4三香成△同金左▲5五桂△9八金で僕の負けとなりました。

▲5五桂が大悪手で、△9八金を完全に見落としていました。典型的なトン死で打たれた瞬間心臓止まるかと思いました。

香を渡さなければ詰みはないので、代えて▲4四桂や▲5五桂または▲8九銀と受けて勝勢の局面でした。

緩んでいたつもりもないですし、念には念を入れて読んでいたつもりでした。持ち時間もあって、こんな負け方はこれまで記憶にありません。中継等でご覧頂いていた方々には誠に申し訳ありませんでした。

家帰ってからもしばらく呆然としていましたが、いまは反則負けのようなものと割り切っています。図面は自戒として貼りました。

これで年内の対局は終了。最後がとんでもなかったですが、気を取り直して来年また頑張ります!


"12/20 佐藤(和)六段戦" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント