3/5 遠山六段戦


僕の先手でした。腰掛銀の戦型に。

ふと閃いた予定にない仕掛けをしてしまったのですが、今の時代はやるべきではなかったのかもしれません。

うまく対応されて相手の攻めが受けきれそうで受けきれない、ということは仕掛けは失敗でした。

受けきりは無理で、攻め合いに出て下図を迎えました。僕の▲5一角に△4一玉と逃げた ところ。ここは追い込んでいる感触があったのですが。

㉖▲遠山_48金62金●110手.png

本譜は▲5六玉としましたがこの手が敗着。すぐ後に痛い見落としあり分かりやすい負けとなりました。

ここは▲7三角成△同飛▲3三歩でした。対局中は僅かに足りないと判断したのですが、これなら形勢不明の終盤でした。
ただ全体的に苦しく、自分に足りない部分を痛感した将棋でもありました。


これで順位戦は5勝5敗の指し分け終了。前半後半の2連敗がだらしないですね。
最終日は自分にお疲れさまということで呑むことが多いのですが、こんなご時世なのでおとなしく雨に濡れて帰りました。

来週再来週と対局続きますので、気を取り直してまた頑張ります!


"3/5 遠山六段戦" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント