9/7 野月八段戦


僕の後手でした。相掛りの戦型に。

難しい形勢ながら、玉形の差でペースを掴まれてそのまま押し切られて負けとなりました。

下図は私が△3二桂と打ったところで相手の手番。取れる2一の角を取らない手なので形勢は苦しいでしょうが、どう指すかは難しいと思っていました。

ここで相手の手を挙げるのは珍しいですが敬意を表して。ただ絶対に当たらないと思います(笑)。

20210907▲野月△瀬川_相掛り●72手.png

ここで▲1二銀と指されました。意外すぎる一手に打たれた瞬間は思わず声が出てしまったかも。ただ読んでみると香車を取る手と飛車を成る手どちらかを狙った手で方針を分かりやすくする厳しい手でした。

熱戦にできなかったのは残念ですが、気を取り直してまた頑張ります!!



"9/7 野月八段戦" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント