6/16 島九段戦


僕の先手でした。相手の陽動振り飛車風の戦型になりました。

やや強引な仕掛けを決行。勢いはありましたが初戦で気持ちが前のめりすぎたかもしれません。

難しい将棋でしたが急所で手が見えず形勢は悲観気味でした。勝負になったかと思ったのが下図。△2八角と打ち込まれたところです。

20220616_1000_瀬川 晶司 六段vs島 朗 九段50手.png

ここで▲4八金としましたが、△3三桂とされて次の△2五桂が厳しく、以下は粘りも欠いて押し切られて負けとなりました。

ここは指しづらいですが△3三桂~2五桂の筋に備えて▲4七金ならば難しい戦いでした。浮かんだのですが指し切れませんでした。

島先生にはアマチュア時代から研究会その他でお世話になっており、もう少し熱戦にしたかったですが残念です。

気を取り直してまた頑張ります!!

"6/16 島九段戦" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント