ごくろうさまでした!

画像
対局者による感想戦が行われ、先ほど終了しました。
瀬川さん、ようやく笑顔が見えました。
改めて、勝利おめでとうございます!!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ウキウキバナナ
2005年08月14日 20:29
やったー!!でもまだ喜んじゃいけないですね。横浜の下町から応援してます。nam
関西人
2005年08月14日 22:07
瀬川さんを一目会いたかったため、関西将棋支部へ初めて行ってきました。
勝った瀬川さんは素晴らしかったのですが、
神吉六段はそれ以上に素晴らしいと思いました。
本日の対局では瀬川さんに相当気を使い、
対局途中に大盤解説で場を盛り上げ(対局時間を無駄にしてもファンサービスに努め)、
対局後も大盤解説でファンを爆笑させ、場を盛り上げるためには何でもするという「プロ根性」の凄まじさに驚嘆しました。

あと、対局中盤に、神吉六段の師匠の内藤九段が場を盛り上げた後、
淡路九段の浪花節的(神吉六段の青春時代や、久保八段への思い等)な話も聞くことがき、
今日は関西将棋支部へ行って、本当に良かったと思いました。

そうそう、橋本五段、森下九段等多くの大盤解説をして下さった他のプロの先生方も大変お疲れ様でした。
佐倉沢 孝史
2005年08月15日 04:08
瀬川さん、おめでとうございます!
絶対負けられない将棋を勝てて本当に良かったですね。
もっと早く決められたかもしれませんが、きょうは勝つことが何よりも重要です。
負けたら終わり。人生が変わる。こんな勝負将棋はプロ棋士でも経験できません。
たいへん貴重な経験になったと思います。
そういう将棋を勝ちに結びつけられたのはとても大きいです。
第三局もすごく期待しています。
この経験を生かせばA級八段にも勝つことができると思います。
銀河戦のように臆することのない、積極的な将棋を期待しています!

そして管理者様、ブログの実況お疲れさまでした。
東京だったので、ネット観戦でしたが、お陰様でたいへん楽しめました。
ひでと
2005年08月15日 07:39
瀬川さん、おめでとうございます。
次の対局もがんばってください。応援しています。
こてくん
2005年08月15日 07:47
おおっ!!瀬川さん勝ちましたか。おめでとうございます。
いやぁ~~~。よかったよかった。
プロへの道はまだまだ途中ですが、これで面白くなってきましたね。
わくわくっ。
それにしても、ほんまに強敵だらけですね。
瀬川さん、次も頼みます・・・・。あっ、次の相手は
おんなし県出身の久保さんだっけ。
やばっ。どっち応援したらええんやろ。
まっ、久保さんも強いから、瀬川さんの応援しよっ。
がんばって。 
ゆき
2005年08月15日 07:58
関係者の皆さんありがとうございました。私も北海道からネット観戦をさせていただきました。リアルタイムで観戦できとても楽しかったです。今朝の新聞に瀬川さんの記事が載っていました。年齢問わず全国のたくさんの将棋ファンが注目すると思います。まだまだすごい方ばかりですが勝負はやってみないとわかりませんよね。是非頑張って下さい。最後まで応援します!!
2005年08月15日 17:43
瀬川さんお疲れ様でした。一勝目おめでとうございます。プロ相手に持久戦を制したことは、自信になったと思います。次は一ヶ月後と長いですが、ペースを崩さずに頑張ってください。応援しています!
香車
2005年08月15日 21:55
将棋連盟の今回の対応は、それなりに評価しています。
だけど、瀬川さんは3段リーグで何回も落ち続けた元奨励会ですよね。
いわば、セミプロ。
純粋のアマなら応援し甲斐もあるのですが、全然応援する気になれません。
瀬川さんには申し訳ないのですが、むしろ未練がましくて嫌悪感を覚えています。
佐藤 康司
2005年08月15日 22:17
色々な意見あるかも知れませんが、瀬川さんの熱意で将棋連盟も動き、関係者の人も加わり大きな流れになっています。瀬川さんにはひたすら前を向いて、1局1局、実力を出し切ってほしいと思います。頑張れ、瀬川さん!! 
あつぅ
2005年08月15日 22:38
一勝目おめでとうございます!
対局後の顔は、精根尽き果てたような疲労が見て取れましたが、
神吉六段のプロ根性とサービス精神は、今後の瀬川氏にとって
ファンを楽しませるといった面においても、とても良い見本となったのではないでしょうか。
次の相手も強敵です、気を緩めすぎず頑張ってください!
ゆき
2005年08月16日 07:44
落ち続けた、未練がましい、結構じゃないですか。あきらめないで仕事を持ちながらトライし続ける後姿は感動さえ覚えます。年齢制限の年齢が今の時代に合わないのではないでしょうか。せっかくの日本が誇る頭脳スポーツ。30年前は祖父と孫が打っている姿をたくさん見たものです。今もそういうご家庭もあるかもしれませんが核家族化が進んでいる中で素晴らしいコミニュケーションのとれる将棋は一般の人にもっともっと普及していってもらいたいものです。色んな想いを込めて・・頑張ってね瀬川さん!!