近況

更新遅れました。少し間が空いてしまいました。

先日、お伝えしたように11月は用事が少ないです(公式戦を全て負けてしまった僕のせいですが)。
棋士の生活というのは忙しいときとヒマなときがハッキリ分かれるというのを実感しています。中間ぐらいがちょうどいいのですが。


近況を伝えると、11月はいくつか用事も入ったので思っていたほどヒマでは無くなりました。なので前に少し書いた「時間ができたらやってみたいこと」はまたの機会にします。どんなことは、そのときあらためてお伝えできたら(大したことではないですが)と思います。

「思っていたほどヒマではない」といっても一日を家で過ごす日が多くなりました。家にいるときは半径5キロ以内の生活で外に出るとしたら散歩かジムかスーパー銭湯に行くぐらい。

近所に美味しいパン屋さんがあって、散歩がてら昼ゴハンを買いに行くのですが、平日の真昼間にフラフラ歩いていると、すれ違う人やパン屋の人に「あの人いい歳してブラブラして!」と思われているのではないかと心配してしまいます。

このときに限ったことではないですが、なんか平日の昼間に近所を出歩くことになんとなく罪悪感を感じます。別に悪いことはしていないし(笑)、むしろ散歩は研究などで疲れた頭を休ませる意味もあるのですが。

他の棋士はどうなんだろう?それともサラリーマン時代の名残で僕だけのことなんでしょうか。ん?単に僕が小心者なだけ?

那須居住の同年代でもあるM六段は、近所のオジサンに「お兄さんも毎日ブラブラしてないで働いたほうがいいよ」と言われたことがあるそうです。僕もそのうち言われたりして(笑)。いや、笑い話ではないか。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い
かわいい

この記事へのコメント

てる
2008年11月17日 00:05
最初から自由業なら、普通なのでしょう。
転職はしたが失業した期間はないので働き続けている身としてはうらやましい限り。ただし!
その分、自己管理が厳しいのではないでしょうか?あーそういえば平日の休みなんか本当取ってねーよ最近。
2008年11月17日 11:22
11/15のご指導お疲れさまでした。
最近、本指導会に参加されるメンバーが増え盛況ですので、N将棋部全体の棋力アップ(底辺の持ち上げでN将棋部のS級連続優勝の基盤の一助)
に貢献しているのではと感じています。

11/16 有楽町朝日スクエアにて開催された、朝日アマ名人東京、南関東ブロック大会に
参加しました。
N将棋部からIさん、Sさん、Mさん、等5名強の参加があった模様です。

haru7は、2年前の3月に定年退職後、毎日サンデーの年金生活ですが、
将棋中心の活動をしながら毎日8Kmのウォーキング、月曜日のボーリング、2週刊毎の図書館通い等、定年後を健康で有意義に過ごす努力をしています。

日頃の活動の内容は下記haru7をご覧ください。

http://haru7.at.webry.info/
まる
2008年11月17日 19:15
瀬川さんの感覚はとても普通だと思います猫2平日に働きざかりの男の人がうろうろしていたらやっぱり気になる存在にはなります。そうゆう感覚は大切にされるべき平衡感覚だと思います。私の個人的意見でした○
ひろみ
2008年11月17日 21:09
頑張ってえ
((((っ・ωΣ[柱]ガコッ
熊本に住んでる人
2008年11月18日 20:25
突然すみません。
僕は瀬川さんの大ファンでたった今ブログの存在を知り、いてもたってもいられなくなりコメントをさせて頂きました。
やま
2008年11月18日 22:46
普通の感覚で、正しいと思いますよ。いや~、でもちょっと羨ましいですね^^)

>那須居住の同年代でもあるM六段
M八段?のことでしょうか。
先日連盟でMさんをお見かけしました。無口な方かと思っていましたが、結構普通に話をされる方なんですね。

プロの先生にお会いできるのも、連盟道場に通う楽しみの一つです。いつか瀬川さんにも指導対局をお願いしたいと思っています。

これからも頑張ってください。同世代として応援しています。
やま
2008年11月21日 23:23

M六段=M本さん(M浦さんではなく)

でしたね、勘違いしてました。失礼しました。
けいすけ
2008年11月25日 16:04
平日の昼間に出歩くことに罪悪感……ですか。

それ、瀬川先生に言って欲しくないなあ。

巷で出版されている「瀬川本」のうちの一冊に、瀬川先生ご自身のコメントとして
「人はあまり他人のことを見ていません」
というのが載っていたと記憶しています。

私自身、それを読んで、多少なりともすくわれたものですから……。