SUNTORY将棋オールスター東西対抗戦2021 10/10予選


新棋戦であるSUNTORY将棋オールスター東西対抗戦2021の東京予選Bブロックに10/10(日)出場しました。

各ブロック勝ち抜けは1名のみで僕の位置ですと5連勝が必要です。狭き門ですが、目の前の一局に集中するのみ。
非公式戦ということで記録はありません。このまま棋譜が埋もれてしまうのも寂しいので、図面と簡単な感想を。

20211010▲八代_相掛り○90手.png

一回戦は八代七段と。△6五歩と突かれた局面ですが、ここで▲5五銀がピッタリの手で以下勝つことができました。記憶では練習含め八代くんには勝ったことがなかったので嬉しかったです。

20211010▲金井_相掛り○58手.png

二回戦は金井六段。△7六歩と打たれた局面ですが、ここで▲4六桂がありました。△7七歩成には▲5四桂と王手で角を取ってから▲7七金とできます。本譜△4五角に▲7六飛としてやや指せる局面。以下なんとか勝つことができました。

20211010△長谷部_雁木○129手.png

準々決勝は長谷部四段と。練習含めて初手合です。ずっと苦しい将棋でしたが図は逆転して後手優勢。ここで△4五桂の予定でしたが▲3四馬に気付いて急遽△7二玉としました。これで残していたようです。以下勝つことができました。

20211010▲横山_相掛り●38手.png

準決勝は横山七段と。激しい将棋になりましたが、誤算あって苦しい展開に。図で▲7九銀打としましたが、この手が勝負所を逃しました。まだしも▲5九金でこれならまだチャンスあったように思います。以下は完敗でした。


プロ棋戦で1日に4局以上指したのは初めてでした。1日5局6局は当たり前のアマ大会を思い出したりして楽しかったのですが、いやあ、3局目終えてからの疲れ方が半端なかった。歳もあるのでしょうけれど(笑)緊張感も桁違いですので。実力はもちろんですが、もっと将棋体力をつけないと勝ち抜けは難しいと思いました。あとスタミナ切れ防ぐためにこまめに食べるのも大事ですね。M山九段はカロリーメイトを用意していさすがと思いました。負けて我に返りせっかくここまできたのになあと、グッと寂しさがきました。

会場のプロント神田店には1階2階ともに素敵なバーがありました。大好きなSUNTORYウィスキーを背景にしての対局は格別でした。あらためて呑みにいきたいと思います。
投票および応援頂いた方々、誠にありがとうございました。引き続きこの新棋戦をお楽しみください!


"SUNTORY将棋オールスター東西対抗戦2021 10/10予選" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント