6/8 増田(康)六段戦



対局前夜にボクシング「井上ードネア」の再戦があり観戦しました。

ふたりの初戦は2019/11でそのときも対局前日。大熱戦で力をもらいました。翌日の対局もいい結果だった記憶があります。

今回は早い決着でしたね。井上選手強すぎました。


僕の後手でした。角換わりの戦型に。

相手の注文もあり、予想しない戦いに。相手は筋違いの角を打ち、形勢判断しづらい将棋になりました。

本局で印象に残っているのは下図です。相手が▲4五歩と突いてきたところ。

20220608_1000_増田 康宏 六段vs瀬川 晶司 六段59手.png

ここで△6二金としました。飛車が遠く1六角のラインに入っているので、次の△5二金がラインを防ぎつつ玉を固める味のいい手になります。
ほかに△8一飛や△6五歩などあって迷いましたが、最後は好みで決めました。地味ですがこういう手が一番好きかもしれません。

局面は思った以上にバランスが取れていて、しばらく難しい形勢でしたが、急所でこちらに一失あり、残念ながら負けとなりました。

最後は一気に持っていかれました。最終盤、決め手を指されたときはドネアのダウンの瞬間がよぎりました。

前局に続き痛い敗戦でしたが、来週から順位戦も開幕します。気を取り直してまた頑張ります!

"6/8 増田(康)六段戦" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント